最強の美肌治療薬トレチノイン

トレチノインのデメリットと東京で購入できる場所

トレチノインは肌の基底細胞に働きかけることで肌のターンオーバーの速度を速め、メラニン色素が増えてしまった角質を除去し新しい皮膚にすることができます。
東京の皮膚科ではシミやシワの治療に使われています。
医師の処方箋が必要なため東京の一般のドラッグストアなどでは購入できませんが、海外からの個人輸入をネットで販売していることもあります。
濃度によっては副作用が起こることもあるので、自己判断で使用せずに専門の医師の診断を受けることが大切で東京では多くの美容クリニックや皮膚科で処方を受けることが可能です。
トレチノインのデメリットは使用すると古い皮膚がはがれるため皮がむけ、かゆみや痛みを伴うことがありひどい場合には出血することもあります。
使用中には紫外線を防ぐことが大切になり、日焼け止めを使用する必要がありますが皮がむけた肌は敏感になっているので沁みることもあります。
皮がむけた肌は赤くなり、メイク乗りが悪いので仕事をしている場合などには見た目が気になるというデメリットもあります。
メイクができない場合は可能であればマスクで隠すと肌を紫外線からも守ることができて安心です。
トレチノインには皮脂を抑える効果がありニキビ治療にも使われています。
そのため肌が乾燥しやすくなり保湿をしっかりすることも重要なので、敏感な肌に安心して使える保湿剤もクリニックで一緒に処方してもらうと便利です。
皮膚炎を起こしてしまうと色素沈着を起こす恐れがあるので、一度治療を中止することになります。
ビタミンAは大量摂取すると胎児に奇形性があるので、妊娠を希望する人はトレチノインを使うことができず避妊が必要というデメリットもあります。